おねがい、サンタさん! Nico Hulkenberg interview(Formula1.com exclusive)

そうだよねひゅる君いい子にしてたもんね…!(←震えを堪えています)
かわいくてもえしぬところだった。ニヤケ注意です。


Exclusive Nico Hulkenberg interview
Q: インテルラゴスとあなたには何かがあるのですか? 2010年にポールポジションを獲得し、2012年にはレースをリードしました。このサーキットに熱い恋心を持っていそうですね。
NH: あはは。うん、インテルラゴスと僕にはいい繋がりがあるみたいだね。レーストラックというのは、ひとつひとつ違う「個性」を持っているんだ。人間みたいに。すぐに意気投合する人もいるし、生涯ずっと争うことになる人もいる。インテルラゴスと僕は – 僕達は気が合うんだ(笑)。あの場所が本当に大好きだ。サンパウロみたいな都市の中にもある、すごく特別な雰囲気がある。それが、あのサーキットをとてもクールな場所にしてくれていると思う。
 
Q: ブラジルでリードラップを走ったとき、優勝できるかもしれないと信じましたか?
NH: ええと、信じられないかもしれないけど、正直言ってそのことを考える時間はそれほどなかったんだ。コンディションはかなりトリッキーで、コース上で起こっていることに全力で集中しなければならなかった。少し霧雨が降っている間にジェンソンと僕がスリックでステイアウトしていたときは特に。コース上に留まることも、ペースを保つこともとても難しかった。夢を見るチャンスはちょっとしかなかったよ。レースフィニッシュまでこのリードを保てたら、って強く望んでいたけど、残りの周回はまだかなりあるってことも分かっていたんだ – 僕がリードラップを走っていたときからチェッカーフラッグまで、たくさんのことが起こったのをみんな見たよね。
 
Q: このレースについて話してもらえますか? 表彰台が失われたとわかったとき、どんな考えが頭をよぎりましたか?
NH: かなり色んなことが起こるレースだったから詳しいことを全部思い出すのは難しいけど、あの日に僕に起こった中で最高の事実は、僕のスピードはスタートからよかったってことだ。リーダー達についていくことができて、何台かを抜くことも出来た。雨が降り始めて – みんな雨になる、気温が下がるだろうって知っていたから、タイヤの温度を保つことが一番重要で難しいことだった。ドライブスルーを終えた後の何周かの間に僕の頭をよぎったのは、表彰台を失ったなってことだけだった。もちろんがっかりしたけど、全体としてはあのレースを誇りに思う。もちろん自分のチームのことも – 彼らは素晴らしい仕事をしてくれた。
 
Q: 2011年に一年間のサバティカルを経て、あなたがフルスピードに戻るためにはしばらくかかったようでした。しかし2012年の終わりには、自分の本当のペースを見せはじめましたね。この勢いを2013年にも保っていけそうだと思いますか?
NH: うん、それが目標だ。いまあなたが言ったように、もうウォームアップ期間はない。だから、かなり有望だった2012年を終えた時点の実力から、うまくパフォーマンスを発揮していければと個人的には思ってる。チームを移籍するから「お互いのことをよく知るための期間」はあるだろうけど、スムーズにいくだろうなって確信しているよ。
 
Q: ザウバーではルーキーとペアを組むことになります。チームをリードしていく準備はできていますか?
NH: うん、準備はできていると感じてるよ。余計なプレッシャーを感じるわけじゃない。むしろモチベーションが上がると思ってる。でも正直なところ、僕の役割は今年と比べて大きく変わるとは思っていないんだ。いい結果を得るっていう自分の仕事にただ集中するだけだよ。
 
Q: フォースインディアとの2012シーズンを振り返ってもらえますか?よかったこと、悪かったこと、ひどかったことなど…
NH: 僕にとっては、フォースインディアとのこの一年は素晴らしい年だった。2012年には、忘れないたくさんの思い出があるよ。さっきも言った通り、レースをしてなかった2011年を挟んで、僕には調子を取り戻す期間が必要だったけど、僕達は – チームと僕は – 一年を通してとてもいい前進ができたと思う。チームはクルマのパフォーマンスを改善して、僕も一緒に成長した。だから僕が話せるのはよかったことばかりだ。悪いこともひどかったこともなかったよ!(笑)
 
Q: 今シーズンが教えてくれたことは何ですか?
NH: 2012年はレースドライバーとしての2年目のシーズンだったから、学ぶことがたくさんあった。この一年を通して、ドライバーとして進歩することができたと思う。特に予選のパフォーマンスにおいて。シーズン中に前進した部分があるのを感じてる。F1はとてもテクニカルで複雑なスポーツだから、僕にとっては、経験を増すことが大きな利点になると思う。 ちょっと単純に聞こえるかもしれないけど、(走破した)マイレージ – レースマイレージが、最後には大きな差を生むものだと思う。
 
Q: 2月に冬季テストが始まるまでの二ヶ月をどのように過ごしますか?
NH: ちょっと休んで、友達と近況報告したりゆっくりしたりして、自分のソーシャルライフのペースを取り戻そうと思ってるよ。映画に行ったりして、普通のことをするつもり。ジェームズ・ボンドの新作をまだ見てないんだ。それから新しいチームの本拠地であるヒンウィルに何度か行く予定。年が明けたら、2月の第一週にテストが始まるまで、1月はトレーニングを一生懸命やるよ。それに、大事なことを忘れてたけど、もうサンタクロースの季節じゃなかった? 歌にあるように、いい子にしてたか悪い子だったか、サンタさんは知ってるんだ。(‘He knows if you’ve been bad or good’ ※サンタが街にやってくる の歌詞です)僕はいい子にしてたから、コンペティティヴな新車を袋に入れて持ってきてね、サンタさん!(笑)

1 person likes this post.

fumi について

female / Sapporo, Japan / Big fan of Kimi Raikkonen / other favs: Seb Vettel, Nico Britney Rosberg, Fernando Alonso
ブックマーク へのパーマリンク.