ブラジルGP 日曜日: さよならありがとう

BBCのベストオーバーテイク賞とか、色々のことはまた後日…
さよならフォースインディア、二年間本当にありがとう、忘れません!

2012 Brazilian Grand Prix: Race Report

P5 Nico Hulkenberg (VJM05/03)
Tyre strategy: Used medium, new hard, new intermediates

Nico: すごく楽しかった – 面白かったし、四六時中たくさんのことが起こってた!今日は表彰台フィニッシュする大きなチャンスがあったけど、それは手の中から擦り抜けていってしまった。残念だよ。序盤の何周かは濡れているコース上にマシンを留めておくのが難しかった。でもインターミディエイトを履くほどの水の量は無くて、僕はスリックで走り続けたんだ。これは正しい決断だった。それからすぐに僕はレースをリードしていた。快適に感じていたけど、やがて僕は小さなミスをしてしまって、ルイスに前に行かれてしまった。なんとか彼についていって、ポジションを取り戻そうと戦っている時に、接触してしまったんだ。何が起こったのかを話すのは難しいけど、僕はT1への飛び込みで仕掛けようとしていて、少しリアがルーズになった。僕はターンインしようとして、突然接触があったんだ。二人にとって残念な出来事だった。僕達は素晴らしい戦いをしていたから。その後も攻め続けようと頑張ったけど、多くのタイムを失ってしまった。でも5位というのもシーズン最終戦の素晴らしい結果だし、チームは今週末、エクセレントな仕事をしたと思う。チームのみんながこのレースを楽しんでくれたといいな – 僕のラストレースで、いいお別れのプレゼントができたと思う。

Robert Fernley, Deputy Team Principal
なんというレースだ!毎周ドラマがあって、いままで見た中で最もエキサイティングなレースのひとつだろう。しばらくの間、我々は夢のような結果(fairly-tale result)に向かっているかのようだった。ニコはレースのかなりの部分をリーダーで走っていて、トリッキーな状況下でに彼の技術を見せていた。今日我々には素晴らしいクルマがあり、優勝できるペースもあったが、そうなる運命ではなかった。最初のSC導入を私は疑問に思う。我々はイエローフラッグで対処できるだろうと思っていたからだ。同様にニコへのドライブスルーにも我々は非常に驚いた。3台が関係している事故であり、レース後に審議されるだろうと考えていた。
(中略)
我々は今シーズンを明るく締めくくり、楽観的に冬休みに入ることができる。来年も同じように始めればいい。チームを代表してニコにお別れを、そして今シーズンの彼のチームへの貢献に感謝したい。彼に我々のクルマをドライブしてもらって、嬉しかった。

[blackbirdpie url=”http://twitter.com/TazioRacing/status/272798944369721345″]

1 person likes this post.

fumi について

female / Sapporo, Japan / Big fan of Kimi Raikkonen / other favs: Seb Vettel, Nico Britney Rosberg, Fernando Alonso
タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.