Q&A with Force India’s Nico Hulkenberg(Formula1.com exclusive)

ひゅる君キラキラしてて、最後の方読んでてちょっと涙でてきた…w テストのタイムだけだとインドすごくよさそうに見えて、フェラーリ上回ったとか書いてるサイトもあるみたいですが、当人達はすっごく堅実そうでよかったよかった。2年目コンビのくせに、ひゅるスタの落ち着き具合は異常w

Exclusive Q&A with Force India’s Nico Hulkenberg
Q: フォースインディアはいい結果で昨シーズンを終え、オフシーズンの間もその勢いを維持することができたようですね。あなたの印象は?
NH: 僕の印象はポジティヴだ。ここまでいいテストデーを過ごしてきているし、うまくいってとても満足している。それぞれの日において、自分達のクルマと新しいタイヤについてより多くを学んだ。こういう風に問題に対処できて、ファクトリーにそれをすばやくフィードバックすることができるから、いいことだ。

Q: 初回のテストにおいて、プレシーズンテストにありがちな問題がないというチームはほとんどありません。しかしフォースインディアは例外だったようですね。傍目から見えたのと同じように、本当にスムーズでしたか?
NH: 僕にとっては、イエス。技術的な問題は何もなく走ることができて、計画していた全てのプログラムを完了することが出来た。新車でこういう風だってことはすごく贅沢だよね。

Q: 序盤2回のテストでは、常にあなたかポールかがベストラップを出すドライバーの中にいました。デモンストレーションのため、それとも本当のパフォーマンスなのでしょうか?
NH: 全てのチームが自分達のテストプログラムに集中していて、出来る限りシーズンに備えようとトライしている。それは、その時々でスーパーソフトを履いたりハードを履いたり、満タンで走ったり軽いタンクで走ったりしているということだ。その他にもセットアップによって変えられることが山ほどたくさんある。そしてそれは僕達がやったことでもあるんだ。だから、僕達はタイムを過大評価してはいけない。トップチームが本当の強さを見せてないことはみんな分かってるから、オーストラリアの土曜日まで待たないとならない。それまでのことは全てただの推測に過ぎないよ。

Q: あなたはリザーブとして1年を過ごして、今シーズンのグリッドに戻ってきました。控えだったことで、妨げられた年だったと感じましたか?
NH: いや、それほどには。でも、テストでドライブすることは、レースウイークエンドとはすごく違う。2011年に走った14のフリー走行セッションが、(F1の)ループの中に僕をとてもよく保ってくれたと思う。だけどさっき言ったように、もし欠損があるとしたら、予選やレースの間に僕はそれを感じるだろう。先週のテストで、2日間たくさん走ることができた。新車についていい感覚を構築するために重要だったよ。

Q: チームメイトのディレスタにはアドバンテージがありますか?
NH: イエス。特に序盤のレースではあるだろうと思う。彼はレースウイークエンドの進み方、DRSやKERSなんかにも慣れている。そして僕はまず自分のリズムをまた見つけなきゃならない。だけどこの不利な点は、何レースか後にはたぶんなくなるだろう。

Q: フォースインディアのドライバーは二人とも、レース経験は1年だけです。ルーキーを育成するのが目的ではないチームにとって、勇敢な決断ですね。結果が出ると思いますか?
NH: そう願うよ。サハラフォースインディアが若手ドライバーにチャンスを与えてくれていることは賞賛に値すると僕は思う。ポールと僕は、これが正しいことだって証明しようとトライする。彼は昨シーズン素晴らしい仕事をした。ほとんどF1経験のなかったルーキーだったのに、成果を挙げたんだ。それ(若手を起用すること)をチームが再び試してみるのは、いけないわけじゃないよね?

Q: トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、人を感嘆させるような要素[the ‘wow’ factor]をもった若手ドライバーを探していると話しています。2010年ブラジルのあなたのポールポジションは、疑いなく感銘を与えました。あれを為し得なかったとしても、自分はF1に留まっていられたと思いますか?
NH: 確かにブラジルは僕のキャリアのハイライトだったよ – ここまでのね(笑)。だけどその他にも、ルーキーシーズンでいいシーンがあった。だから、あのただ一つの予選セッションだけが全てだとは思わない。質問に答えると – イエス。F1にいられただろうと思っている。

Q: いま、あなたはあの大胆不敵なブラジルを再び繰り返すチャンスを手にしています。2012年に望んでいることと夢見ていることは何ですか? そして、成し遂げられると現実的に考えていることは何ですか?
NH: 一番かんたんだから、現実的なチャンスから答えようかな。僕達にはコンストラクターズ5位でフィニッシュする現実的な可能性があると思う。確かに簡単ではないけど、僕は可能だと確信している。
そして希望は – 雨、荒れたレースがいくつかあったらいいな。僕達のような小さなチームにも、サプライズな結果を楽しむチャンスがあるだろうから。
最後に夢は – 2010年ブラジルみたいな瞬間をもっと、たくさん!



プレシーズンテスト最終回は本日木曜日から日曜日までの4日間で、ひゅる君は金・日、でれすたくんが木・土を担当します。がんばれー 🙂

2 people like this post.

fumi について

female / Sapporo, Japan / Big fan of Kimi Raikkonen / other favs: Seb Vettel, Nico Britney Rosberg, Fernando Alonso
ブックマーク へのパーマリンク.