Nico Hulkenberg: Out to prove his worth

F1Zoneの独自インタビューが出てました。大人の(食)中毒w それに、まだスーさんと仲いいんだなぁ。前にスーさんtwitterが本物かどうかメールして聞いてたもんね★
↓どこがどうとか具体的には言い表せないんですけど、ひゅる君っぽいなぁって読んでて思いました。フィリップナイス★

Nico Hulkenberg: Out to prove his worth
By Phillip Horton on Monday, January 16, 2012

F1Zone: ピットウォールにいることや、どのようにレースが進められていくかを見ること、コメンテーターとしての役割を1年間して、F1レースの新しい次元が見えてきましたか?
NH: イエス。その通り。クルマの外で起きている発展についてたくさん学んだ。これは将来役に立つと思うよ。

F1Zone: 去年、スーティルかディレスタのドリンクに何か盛ろう、という考えはよぎりませんでしたか?
NH: ああ、何回かね。でも、それって彼らをもっと速くしちゃったと思う!
まじめな話、ノー。3rdドライバーとしてでも、チームの前進を助けることが仕事だし、それこそが去年僕がトライしていたことだ。

F1Zone: 他のシリーズでレースすることも考えましたか?
NH: 一番重要だったことは、F1に留まることだった。他のシリーズはプランBだったよ。

F1Zone: 韓国グランプリの後、2012年にレースするのを知っている、というのは奇妙な感じでしたか? ピットガレージを歩く時の気持ちが変わったのでは?
NH: もちろん、またレースができるとわかっていて安心だった。でも、ドライバーを発表するのはチームだから、何も(兆候を)見せないように心がけたよ。

F1Zone: シートを喪失したエイドリアン・スーティルに共感しますか? その後彼と話しましたか?
NH: 僕達はよくメールしたり話したりする。いまも僕達はいい関係をもっているよ。彼がどこか他のチームでレースできるよう心から祈ってる。

F1Zone: あなたの国籍のために、スポンサーを得るのは難しいでしょうか。ベッテルやシューマッハと競ったことがありますか?
NH: 1つの国にドライバーが5人や6人もいると、もちろん難しいよね。でも、ドイツからF1ドライバーがたくさん出ることは僕達全員にとっていいことだから、不満に思ってはいないよ。

F1Zone: グリッド上で最高のドライバーだと評価するのは誰ですか?
NH: フェルナンド・アロンソ。

F1Zone: ウィリアムズとフォースインディアのやり方で異なるのはどういったところですか?
NH: 色々ちがう。それぞれのチームに固有の個性があると思う。フォースインディアは、素早いやり方とフレンドリーな雰囲気をもつ小さなチームだ。リソースだけを比べるなら、フォースインディアは全チームの中で最も効率的なチームだと言わざるを得ないと思うよ。

F1Zone: 昨シーズンに出走していた多くのドライバーがレギュラーシートを得られていないことは意外ですか?
NH: 毎年少しずつ変化がある。今回そういうドライバーがたくさんいたのは偶然だよ。

F1Zone: レースするとき、全てのコーナーを分析するタイプですか? それとも、自分に向かってくる全てのことに、自動モードで対処していくタイプ?
NH: 一般に、感覚はとても重要だ。でも、特にトラックの一部でタイムを失っているときや、改善の可能性があると感じるとき、データを見る。

F1Zone: 将来のことを考えるとき、フォースインディアとの長期の未来をみていますか?
NH: いま僕が考えることじゃない。僕は2012年にまず集中しなければならないし、そしてF1での僕自身を立て直さなければならない。

F1Zone: レースをしないで過ごした1年の後、どのように今シーズンに備えますか?
NH: 違いはないよ。起こりそうにはなかったけれど、去年はレースをスタートするのに備えて、真剣に100%の準備をしていた。

F1Zone: 2010年の(デビューの)時と比べて、”セカンド・デビュー”に向けてどのように感じていますか?
NH: 2010年の時より自分自身にプレッシャーをかけていない。2010年の初めの頃は、チャレンジしすぎたし、欲張りすぎてた。そしてそれが悪い方向にいっていたんだ。プラス、僕は(その時より)経験を積んだ。トラックを知っているし、いいセットアップを見つけることもより簡単になるだろう。

F1Zone: 数年でフォースインディアが進歩してきた理由はなぜだと思いますか?
NH: 全てを説明できるひとつの理由に名前をつけることはできないけど、多くのよい決断と、一貫した発展に対する集中によるものだと思う。ビジェイ(マルヤ)には初期の頃から正しいビジョンがあった。彼はインドという国をアピールするために、競争力のあるチームを設立したいと望んでいたんだ。彼は更なる前進にも熱心だし、ロイ・サハラも同じだ。

F1Zone: ディレスタとの戦いは、ふたりのどちらが若手ドライバーのベストであるかを決すると思いますか?
NH: 優秀なドライバーがたくさんいて、ひとりひとりが、自分がベストだと証明したいと望んでいる。僕もそうだ。ポールに勝とうとトライするし、彼も僕に勝とうとしてくる。これがチームをより前へ押し上げると信じてるよ。

F1Zone: 2012年シーズンに期待する結果は?
NH: コンストラクターズ5位と、2013年のレースシート。

1 person likes this post.

fumi について

female / Sapporo, Japan / Big fan of Kimi Raikkonen / other favs: Seb Vettel, Nico Britney Rosberg, Fernando Alonso
ブックマーク へのパーマリンク.